辻占いとは:占いのための占いマメ知識

辻占(つじうら)とは、日本で行われた占いの一種です。

元々の辻占は、夕方に辻(交叉点)に立って、通りすがりの人々が話す言葉の内容を元に占うものでした。

この辻占は万葉集などの古典にも登場します。

類似のものに、橋のたもとに立って占う橋占(はしうら)があります。

夕方に行うことから夕占(ゆうけ)とも言います。

偶然そこを通った人々の言葉を、神の託宣と考えたのです。

辻は、人だけでなく神も通る場所であり橋は異界との境をなすと考えられていました。

京都・一条堀川の戻橋は橋占の名所でもありました。

大阪府東大阪市の瓢箪山稲荷神社で今も行われる辻占は、通りすがりの人の言葉ではなく、その人の性別・服装・持物、同行の人の有無、その人が向かった方角などから吉凶を判断します。

まず御籤で1〜3の数字を出し、鳥居の前に立って、例えば御籤で2が出れば2番目に通った人の姿などを記録します。

その内容を元に宮司が神意を伺うのです。

江戸時代には、辻に子供が立って御籤(これも一種の占いである)を売るようになり、これも辻占と呼びました。

前述の辻占とは独立に発生したもので、直接の関係はありません。

さらに、辻占で売られるような御籤を煎餅に入れた辻占煎餅(フォーチュン・クッキーはここから派生したもの)が作られ、これのことも辻占と呼びました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 04:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。