おみくじとは:占いのための占いマメ知識

御御籤・御神籤(おみくじ)・神籤(みくじ)は、神社・仏閣等で吉凶を占うために行う籤です。

「みくじ」は、「くじ」に尊敬の接頭辞「み」をくわえたものですが、神に関係のあるものであるので「御神籤」とも書きます。

お寺のおみくじは「御仏籤」と書きます(読みは同じ)。

古代においては、国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に神の意志を占うために籤引きをすることがあり、これが現在の神籤の起源とされています。

現在の神籤は、参詣者が個人の吉凶を占うために行われるもので、これは鎌倉時代初期から行われるようになりました。

当時は自分で籤を用意するのが一般的であったようです。



■奉製・籤引き
現在、おみくじの7割近くは女子道社(山口県周南市)によって奉製され、英語版はハワイなど外国への輸出も行われていますが、各神社寺院独自で奉製しているところもあります。

籤引きの方式には色々あるが代表的なものは以下です。

・御神籤箱という、細い棒の入った、両手で抱えられる程度の(神社によっては抱えられないほど巨大なものもある)大きさ・重さの角柱の箱を振って棒を箱の短辺の小さな穴から一本出し、棒に記された番号の籤を受けとる

・折り畳まれた籤が入った箱の中から参詣者が選ぶ

・自動販売機(頒布機)

ちなみに、女子道社がおみくじの自動販売機の実用新案を登録したのは大正期のことでした。

紙片には、「大吉・吉・中吉・小吉・凶」など(多い所では「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」など)の言葉で全体の運勢が書かれ、探し物・待ち人・健康・金運・生活等の個別の運勢が文章で記されています。

和歌を添えたり、全体の運勢を和歌で表現している神社(明治神宮など)もあります。

また寺のくじでは漢詩を添えられていることもあり、これは「元三大師百籤」がルーツになっているためです。

引いた後の神籤を境内の木などに結ぶ習慣がある。「結ぶ」が恋愛の「縁を結ぶ」に通じることから江戸時代から行われてきました。

その後、神様との「縁を結ぶ」として木に結びつけられるようになりました。

二月堂のように千枚通しのようなものに神籤を刺すところもあります。

また、「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行いを達成つまり修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という説もあります。

ですが近年、木に結ぶと木の生育が悪くなるため、神籤を結ぶための場所を用意している寺社もあります。

おみくじの吉凶の量の比率は神社仏閣によって様々で、最近では凶を減らすところもあります。

ただし、吉凶よりも何が書かれているかの方が大切なのです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-04 04:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。