易経とは1:占いのための占いマメ知識

易経(えききょう)は占筮に用いられる書物。

『周易』(しゅうえき、Zhōu Yì)または単に『易』(えき)とも言います。

また儒教の基本テキスト五経の筆頭に挙げられる経典でもあります。

太古よりの占いの知恵を体系化し組織化し、深遠な宇宙観にまで昇華させています。
三易の一つです。

今日なお行われる易占法の原典であるが、占いは現代の軽さとは大いに趣きを異にして、古代にあっては、共同体の存亡に関わるきわめて重要かつ真剣な課題の解決法であり、占師は政治の舞台で命がけの責任をも背負わされることもありました。

■『易経』の構成
現行『易経』は、本体部分とも言うべき「経」(狭義の「易経」、「上経」と「下経」に分かれる)と、これを注釈・解説する10部の「伝」(「易伝」または「十翼(じゅうよく)」ともいう)からなります。

「経」には、八卦のくみあわせによってできる六十四卦の図象と、その意味について記述する卦辞と、それぞれの卦を構成している6本の爻位(こうい)の意味を説明する384の爻辞とが、整理され箇条書きに収められ、上経(30卦を収録)・下経(34卦を収録)の2巻に分かれます。

「伝」(「十翼」)は、「彖伝(たんでん)上・下」「象伝(しょうでん)上・下」「繋辞伝(けいじでん)上・下」「文言伝」「説卦伝」「序卦伝」「雑卦伝」の計10部です。

なお、1973年、馬王堆漢墓で発見された帛書『周易』(前漢初期(紀元前200年頃))写本に「十翼」は無く、付属文書は六篇(二三子問・繋辞・易之義・要・繆和・昭力)で構成されていました。

●十翼(易伝)の内容
・「彖伝上・下」には、「周易上・下経」それぞれの卦辞の注釈が収められています。

・「象伝上・下」には、各卦の象形の意味についての短い解説と、その爻辞の注釈が収められています。
易占家の間では、前者部分を「大象」、後者部分を「爻伝」、というふうに呼称を区別していることがあります。

・「文言伝」では、六十四卦のうち最も重要かつ基本の位置づけにある二卦、乾(けん)と坤(こん)について、詳しい訓故的な解説がなされます。

・「繋辞伝上・下」には、易の成り立ち、易の思想、占いの方式、など、『易』に関する包括的な説明が収められています。

・「説卦伝」では、大成六十四卦のもととなる小成八卦の概念、森羅万象をこの八種の象に分類するその分類のされ方が、詳説されます。

・「序卦伝」には、現行の「周易上・下経」での六十四卦の並び方の理由が説明されています。

・「雑卦伝」では、占いにあたって卦象を読み解く際の、ちょっとしたヒントが、各卦ごとに短い言葉で述べられます。
着目ヒント集です。


●書名
『易経』というが、これは儒教の経書に挙げられたからで、他の五経が書経・詩経・礼経・春秋経・楽経というように経の字が追加されるのと同様であり、本来の書名は『易』または『周易』です。

一般的に『易経』の場合、後代の注釈書である「伝」を除くことがないので、「伝」まで含めての1つの書とされることが多いのですが、本来的には『易経』は卦・卦辞・爻辞部分の上下二篇のみを指します。

この書物の名がなぜ『易』なのか、古来よりさまざまな説がなされてきました。

ただし、「易」(エキ)という語がもっぱら「変化」を意味し、また占いというもの自体が過去・現在・未来へと変化流転していくものを捉えようとするものであることから、何らか「変化」と関連すると考える人が多いです。

有名なものに「易」という字がトカゲに象ったという蜥蜴説があり、トカゲが肌の色を変化させることに由来すると言われます。

また「易」の字が「日」と「月」から構成されるとする日月説があり、太陽や月、星の運行から運命を読みとる占星術に由来すると考える人もいます。

伝統的な儒教の考えでは、『周易正義』が引く『易緯乾鑿度』の「易は一名にして三義を含む」という「変易」「不易」「簡易」の三易説を採っています。

また、『周易』の「周」は周代の易の意であると言われることが多いのですが、鄭玄などは「周」は「あまねく」の意味であると解しています。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。