六星占術とは:占いのための占いマメ知識

六星占術は、宗教家で占い師の細木数子が中国古来の易学や算命学、万象学などをもとに、独自に編み出した(と主張する)占いです。

六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。

また、ある特別な条件がそろったときに限り、霊合星人(れいごうせいじん)となります。

霊合星人はそれ単体で独立している運命星ではなく、例えば「土星人の霊合星人」というようにほかの6つの運命星と複合するものです。

(生年が空亡に該当する人を指しているが、概して空亡が方程式に多い人はその「あってなきが如し」の作用からして現実からはなれたものに関心を示したり、またそれで発達したりする傾向があります。宗教や神秘に凝る意味もあるので「霊合」という言い方をして、「空亡」の意に沿うようにしている。ただ空亡のある人が生日を中心にして六十甲子の表で最も離れた旬の影響を受けるという設定は妙味があり、命理の近似式とも言える本占術としては優れた名称です。)

それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数により決定します。

運命星によりその人の占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われます。

四柱推命でいう空亡に特に重点を置いた算命学のひとつの解釈と考えられます。

空亡とは本人の生まれた日の暦上の干支を六十干支表に当てはめてみて、甲から始まり癸に終わる周期の一組に存在しない地支(空支)またはその地支を持つ干支の年月日時です。

空亡の作用は「位あって禄なし」といわれるようにその干支が本人に及ぼす作用が空虚になることです。

流年が空亡の場合は概して用神(本人にとって必要な天干地支)に剋傷あるので危険になるのであり、空亡だから即危険というものではないと考えられています。

陰陽五行の作用を考慮する方が妥当であるとされます。


■運命星
運命星は、星数と名付けた生年月日の日の干支を数値(1-60)で表したものを、6つの星に割り当てています。

なお星数を簡易的に出すために各年月の数値をまとめた表を運命数表と言い、数値を運命数と言います。

生まれた日の干支と運命星は下記の対応となっています。

・土星人(1-10:戌亥が空亡)
生まれた日の干支が、甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己巳・庚午・辛未・壬申・癸酉の人。
おおむね日支に四柱推命でいう印綬、偏印が並びます。

・金星人(11-20:申酉が空亡)
生まれた日の干支が、甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・癸未の人。
おおむね日支に官殺(正官、偏官)が並びます。

・火星人(21-30:午未が空亡)
生まれた日の干支が、甲申・乙酉・丙戌・丁亥・戊子・己丑・庚寅・辛卯・壬辰・癸巳の人。
おおむね日支に官殺(正官、偏官)が並ぶが日干は日支に通根しません。

・天王星人(31-40:辰巳が空亡)
生まれた日の干支が、甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯の人。
おおむね日支に財星(正財、偏財)が並びます。

・木星人(41-50:寅卯が空亡)
生まれた日の干支が、甲辰・乙巳・丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑の人。
おおむね日支に食傷(食神、傷官)が並びます。

・水星人(51-60:子丑が空亡)
生まれた日の干支が、甲寅・乙卯・丙辰・丁巳・戊午・己未・庚申・辛酉・壬戌・癸亥の人。
おおむね日支に比劫(比肩(四柱推命)、劫財)が並びます。

空亡の年月に大凶運となるというのはいささか誇張しすぎの感があるが、それを中心に流年の周期を考えるのは非常に玄妙と言えます。

天干地支の相互作用、十二運の強弱など見事に包摂した解釈です。

細部では未完成ですが、難解な四柱推命を簡単な周期表に似したことは注目されるべき点です。

なお土星人、金星人などという呼称は空亡になる地支(十二支)本気の五行によっていますが、天王星人のみは独自の考案です。

・土星人:戌(土) 
・金星人:申(金)
・火星人:午(火)
・天王星人:辰(土)
・木星人:寅(木)
・水星人:子(水)

また、各運命星にはプラス(+)とマイナス(−)があり、生年が子・寅・辰・午・申・戌のときにプラスとなり、丑・卯・巳・未・酉・亥のときにマイナスとなります。

運命星と合わせて土星人(+)、金星人(−)のように表記します。

これも十二支の陰陽によっています。
本来空亡は生年に限らず、生月、生時も該当します。

生年を特に重視しているが、大運、流年が生年の干支と最初の相互作用をもたらすので生年で「陰陽」「霊合星人」なる区分をしています。

その流歳が、本人に何をもたらすか考える上で生年は第一の関門です。

もちろん生月、生時が空亡にあたる場合でもある程度「霊合星人」の特質を備えているとして考えてよいです。

さらには空亡を生日から見た場合としているが、生年から見る判断もあり(互換空亡)、生年月日の四字をひとつの行列に見立てた多変数関数の解析に似た要素もあります。

近代数学的な視点から考えると、何らかの周期性のある関数は正弦余弦関数の適当な組み合わせで表現近似できるのであり、十干十二支(六十甲子)にも暦法上の周期性が当然発生します。

六十甲子の由来は歴史的な研究に待つが、周期性のある運命暦を簡単な周期表で捉えなおすという本術は一定の数学的背景があります。

人命は科学実験の対象にすることは社会制度上不可能であるが、本術を迷信俗諺と一蹴するのではなく、近代的な視点で冷静に評価することが求められています。



■霊合星人
霊合星人は、生年が停止(占命盤の項を参照)に当たる人のことで、 実際には・・・ 土星人=天王星人・金星人=木星人・火星人=水星人 が合わさることになります。

以下の人が霊合星人となります。
対極の星人が重なると言います。

・土星人(+):生年が戌年 :*土星人(−):生年が亥年
・金星人(+):生年が申年 :*金星人(−):生年が酉年
・火星人(+):生年が午年 :*火星人(−):生年が未年
・天王星人(+):生年が辰年:*天王星人(−):生年が巳年
・木星人(+):生年が寅年 :*木星人(−):生年が卯年
・水星人(+):生年が子年 :*水星人(−):生年が丑年


■占命盤
占命盤には次の12の運気が示されます。

・種子(しゅし)…物事を開始する時期。概して用神五行が生旺墓絶(天干十二運)で胎か長生を得るかのいずれかです。

・緑生(りょくせい)…物事が成長する時期で駄目になることもあります

・立花(りっか)・・・基本的な方向が決まる重要な時期

・健弱(けんじゃく):小殺界・・・健康面が弱くなる時期

・達成(たっせい)…目的が達成される時期。空亡の地支の冲に該当する。当然用神が生旺します。

・乱気(らんき):中殺界・・・精神的なダメージを受けやすい時期

・再会(さいかい)…第2の出発点となる時期。失敗したことを挽回するのにも適しています。

・財成(ざいせい)…お金が入ってくる時期。おおよそ財星が生旺するか、財多身弱の場合は比肩劫財で身財両停を得る、または食神傷官が財星に能く連絡をするかのいずれかです。
推命家は常に財星のあり方に注意すべきです。

・安定(あんてい)…現状維持の時期(新しいことを始めると次の大殺界で苦しむことになる)用神五行が帝旺を迎えている場合が多いです。

・陰影(いんえい):大殺界の始まり…季節でいうと冬の時期なので、新しいことを始めてはいけません。
用神が衰地にある場合が多いです。

・停止(ていし):大殺界の中央…季節でいうと冬の時期なので、新しいことを始めてはいけません。
この時期は必ず本人の生日を中心として空亡の二地支のいずれかに該当します。
おおむね用神五行が衝撃を受けるか、剋されるかのいずれかでです。
用神は本人の生き方を象徴しており、それが害を受けることは確かに生き方の否定「停止」と言えます。

・減退(げんたい)…大殺界の終わり・・・季節でいうと冬の時期なので、新しいことを始めてはいけません。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。