算命学とは:占いのための占いマメ知識

算命学は、中国に発祥した干支暦をもとに年と月と日の干支を出して、人の運命を占う占星術です。

さらに、中国陰陽五行を土台とした運命学でもあり、命を計算する運命学を総称して算命学または算命術とも言われます。

算命学には、命を計算しそれを数字に置き換えてエネルギーを計算する技法も含まれます。

算命学の技法は、陰陽五行による思想学と占術としての運命学の二つの理論と技術を持ち、運命学理論を占術が証明し、占術の技法を陰陽五行の思想学が支えることを土台として、膨大な理論と技術の上に成り立つものです。

その膨大な技法と思想は、十六の理論体系となり十六元法といわれ、この技法を使うと、先祖三代、子孫三代まで占うことができるとされます。

算命学の占術、技法の根幹は、「人」は自然界の一部として、「人」の運勢を自然界に置き換えて運命を分析する技術、思想の体系にあります。

算命学思想は「天」「地」「人」三才と陰陽の思想からなり、「人」の運命は、「役目と環境が一致するところにおいては、自然(古代においては神)がその人を必要とする存在となり、役目と環境が一致しないところにおいては、自然はその人を淘汰する。」という厳格な判断をします。

また、この思想によって、人の運命を予測することができるものとします。


■算命学の歴史
算命学の発祥は、中国春秋戦国時代の鬼谷子に始まるとされています。

それは、それまであった陰陽五行思想および、運命予測の技術をまとめた人とされるからです。

但し、鬼谷子は、歴史学上は想像上の人物とするのが多数説であり、その実在性を疑問視する向きもあります。

鬼谷子については、史記列伝の蘇秦列伝 第九の冒頭に
「東へ行って斉の国に師匠を求め、鬼谷先生について学問を習った。」
とあり、揣摩の術を完成した。とあります。

また、史記列伝の張儀列伝 第十の冒頭に
「張儀というのは、魏の人である。その始め蘇秦といっしょに鬼谷先生の門人として学問したことがあった・・・」
とあります。

蘇秦と張儀は、戦国時代の縦横家であり、張儀は秦の宰相となり、蘇秦は六国合従の宰相となった人です。

蘇秦が完成したとされる揣摩の術は、人を意のままに操る神秘的術で、この揣摩の術が算命学の別名とされていたとする説もあります。

揣摩の術、算命学は、中国大陸を統一した秦の始皇帝が権力を握ると、秦王朝内部だけの秘伝とし、宮廷の外には一切出さないようになりました。

こうして算命学は、王朝お抱えの占い師達によってのみ命脈を保たれる一子相伝の運命学となったのです。

そして、国が亡んでも次の王朝に受け継がれていく運命をたどったのです。


●日本における算命学
第二次世界大戦後の中国で共産党革命が起こり、伝承者であった呉仁和が長崎に亡命しました。

算命学の理論は高尾義政に伝承されました。

算命学は、その後日本でも彼によって有名となりました。
彼の著書は、原典算命学大系ほか複数残されています。



■鑑定
●命式と人体星図
各人の生年月日にあてはめられている十干と十二支の組み合わせで、陰占といわれる干支と、陽占といわれる星を算出して運命を占います。

算命学では各年・月・日(・時)に干支が割り振られている暦を用います。

甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 を 十干、子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥 を 十二支、十干の干と十二支の支で「干支」となります。

各人の生年月日から陰占を、そこから陽占(=人体星図)を割り出します。

陽占では個人の性格などを表す十大主星と人生の諸段階の運命を暗示する十二大従星をみることができます。

手、肩、足の左右はおそらく諸派があって統一されていませんが、1つだけある肩は普通向かって右側に配置されるようです。

なお、肩は初年期、肩の下の足を壮年期、反対側を晩年期、肩がある方の手を兄弟姉妹・友人、ない方を配偶者と考えれば間違うことはないと思われます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。