九星気学とは:占いのための占いマメ知識

九星気学(きゅうせいきがく)とは、生れた年月日の九星と五行組合わせた占術です。

方位の吉凶を知るために使われることが多いです。

九星術を元に明治42年に園田真次郎がまとめたもので、単に気学とも言います。

生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占います。

九星と十二支は年・月・日のそれぞれにありますが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされます。

また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星と言います。

九星はある決まった法則で各方位を巡回することになっていて、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占います。


■方位との関係
対象とする日の定位盤(年盤、月盤、日盤)を各方位に対応させ、本命星の相性により吉凶を判断するが、特に六大凶方とされる凶方位があります。

小児殺を含めて七大凶方とも言います。
なお暗剣殺、五黄殺、歳破、月破は全ての人に凶方位となります。

・暗剣殺(あんけんさつ)
 その年の五黄土星のある方位の反対側の方位。(五黄土星の年(五黄土星が中央にあるとき)には存在しません。)

・五黄殺(ごおうさつ)
 その年の五黄土星のある方位。

・本命殺(ほんめいさつ)
 その年にその人の本命星のある方位。(その年がその人の本命星のとき(本命星が中央にあるとき)には存在しません。)

・本命的殺(ほんめいてきさつ)
 その年にその人の本命星のある方位の反対側の方位。

・歳破(さいは)
 その年の十二支の反対側の方位。

・月破(げっぱ)
 その月の十二支の反対側の方位。

・小児殺(しょうにさつ)
 小月建ともいい、子供の健康に影響のあるとされる方位。


この記事へのコメント
こんにちは!
書き込みをありがとうございます。
とても充実したブログですね。
占い、大好きです。
色々お勉強させて頂きます。
仲良くして下さいね。

応援”ぽちっ”です(*^−^*)
Posted by ストロベリー at 2007年04月23日 06:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。